葬儀

f:id:threestitches:20190721164247j:plain

時間通りお迎えの車に乗りました。
到着後、手続きをして、お経を流して頂き、ご焼香しました。

「お疲れ様でした」と声をかけてください、とスタッフの方に促され、ありがとう、よく頑張ったね、大好きだよ、と家族が口々にお別れの言葉を告げ、頭を撫でました。

火葬。これが一番辛かった。
待ち時間は1時間半ほど。待合場所で、書き込みノートや犬が伝えたかったこと、などを読み、ドリンクを飲む。

母は、親を送る本からメモを取ったりして過ごしていました。

もうすぐですが、骨壷と袋をお選びください、とスタッフの方がサンプルを持っていらした。
シンプルな白い骨壷と淡い水色の袋を選びました。

火葬終了。骨は真っ白で尻尾まで綺麗に並んでいました。膝のボルトも残っていました。

全部、骨壷に納まると、また悲しくて、悲しくて。

でも温かい葬儀で、必要な儀式でした。

帰宅。リビングに安置して、話しかけています。
ムック、おうちに帰って来たよ。

お花と心を込めて

ムックを可愛がってくれたお花屋さんで、事情を話し、葬儀用のお花を買いました。
明るい色を選んでくださいました。
心配してくれた方でムックもとても懐いていました。
おじさんがデンファレをおまけにくれました。

好きだった、餌、オヤツ、サプリ、服、おもちゃを添えました。

もうすぐお迎えが来ます。

f:id:threestitches:20190721151600j:plain

虹の橋へ

旅立ちました。
今朝、病院で一週間振りにうんちをして綺麗にしてもらい、先生の手から缶詰めを食べました。
注射をして、帰宅後はまたトイレに行き、うんちをしました。

疲れただろうからベッドに休ませ、酸素吸入器を当てました。

親戚がお見舞いに来てくれ、ムック、と呼び掛けると反応がなく、息をしていないのです。

胸に手を当てても鼓動が感じられず、急いで獣医さんに電話しました。

「まず抱っこして上げて、声をかけてあげてください。
心臓が止まったように感じても、少しの間は微弱ながら動いていてまだ数分は息があり、声が聞こえています。
15分後くらいにお電話しますね。」

と言われて、家族で抱っこし、声を掛けました。慌てていて、先生のお電話に気付かず、かけ直し、やはり心臓が止まっています、と伝えました。

「宜しければ、確認して、手続きなどお伝えしますが、自宅に置いておきたいというご希望であれば、それでももちろん結構ですが、どうされますか?」

家族と相談し、先生がそこまで気に掛けてくださるならお任せしましょう、と結論が出ました。

病院に連れて行き、診察台に乗せ、先生がムック、と呼び掛けても反応はありません。
心音、瞳孔など一通り診てもらい、やはり、でした。

「お顔や毛を綺麗にして、お箱にお入れしますか?」

お願いして、白い綺麗なお箱に綺麗な姿のムック。

「昨日、診察にいらっしゃらなかったので、もしかしたら、、と心配していたんです。今朝、元気な姿を見て、嬉しかったです。さっきまで元気だったのに、急に亡くなることもあるので…
お顔も身体も綺麗で安らかだったと思います」と先生。

「先生にはムックも懐いていて、とても気に掛けて頂き、ありがとうございました。」と母。
「ありがとうございます」と父。
「お陰様で最期まで可愛いままいてくれて、先生には大変感謝しています。」と私。

「ムックのことは一生忘れません。」と先生。
悪性リンパ腫の子の治療に役立ててください。」と涙ながらに母。
「はい」と赤い目をして先生が力強く言ってくださって私も涙が出ました。

葬儀業者さんのパンフレットを2つ頂き、帰宅。
葬儀の手配と酸素ハウスの解約、お花を買ったり、慌ただしくて、やっと落ち着きました。

泣いている暇はありません。明日、葬儀業者さんが迎えに来ます。

ムックの美しい姿を目に焼き付けておかないと。
感謝の気持ちで晴れやかに送りたいと思います。
犬らしく、立派な最期でした。

よく頑張ったね。8年間、一緒に居てくれてありがとう。両親に会えるといいね。

私たち家族はとても幸せでした。ムックも幸せだったと思います。そしてこれからも心の中に行き続けます。

ムック、チワワとヨーキーのミックス犬、オス
2011.2.17~2019.7.20

f:id:threestitches:20190720195141j:plain

薬膳フードでスムージー

f:id:threestitches:20190715114932j:plain

ムックの食事の負担を減らすよう、薬膳フード、紅豆杉パウダー、桃を水素水でスムージーにし、針のついていない注射器で注入しました。

ペロペロして美味しそうに飲みました😉
食事をガツガツ食べると体力を消耗するので、この方法を獣医さんにご指導頂き、助かっています。